コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハインリヒ7世 ハインリヒななせいHeinrich VII

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハインリヒ7世
ハインリヒななせい
Heinrich VII

[生]1274. バレンシア
[没]1313.8.24. シェナ近郊ブオンコンベント
ルクセンブルク家のドイツ王,神聖ローマ皇帝 (在位 1308~13) 。大空位時代ののち,ドイツ皇帝位が各家を転々としていた頃の皇帝。ライン地方の選帝侯が,彼らの自由になる無力な人物を望んで皇帝に選んだのが彼であり,それはまた,強力なハプスブルク家への対抗策でもあった。したがって皇帝としては無力であったが,長男ヨハンをボヘミア王に選出させることに成功 (10) してからは,ルクセンブルク家興隆の道を開いた。この勢力を背景としてイタリア遠征を敢行。ダンテが,彼を教皇の不正を押え,万人の主たる人物であると賛美したのは有名である。しかし,すでに皇帝の実権そのものが衰えており,反対勢力も強く,衰退に向うドイツを立直らすことなく夭折した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ハインリヒ7世の関連キーワードヨハン[ルクセンブルク家]フリードリヒ(美王)ルネサンス史(年表)モルガルテンの戦いルクセンブルク朝ピサのドゥオーモカイゼルスベルグバルドゥイーンビスコンティ家ビスコンチムッサートコロンナ領邦国家

今日のキーワード

ラニーニャ現象

《La Niña events》赤道付近のペルー沖から中部太平洋にかけて、数年に1度、海水温が平年より低くなる現象。低下する温度差はエルニーニョ現象での上昇温度差より一般的に小さい。→ダイポールモード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android