コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハインリヒ7世 ハインリヒななせいHeinrich VII

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハインリヒ7世
ハインリヒななせい
Heinrich VII

[生]1274. バレンシア
[没]1313.8.24. シェナ近郊ブオンコンベント
ルクセンブルク家ドイツ王,神聖ローマ皇帝 (在位 1308~13) 。大空位時代ののち,ドイツ皇帝位が各家を転々としていた頃の皇帝。ライン地方の選帝侯が,彼らの自由になる無力な人物を望んで皇帝に選んだのが彼であり,それはまた,強力なハプスブルク家への対抗策でもあった。したがって皇帝としては無力であったが,長男ヨハンボヘミア王に選出させることに成功 (10) してからは,ルクセンブルク家興隆の道を開いた。この勢力を背景としてイタリア遠征を敢行。ダンテが,彼を教皇の不正を押え,万人の主たる人物であると賛美したのは有名である。しかし,すでに皇帝の実権そのものが衰えており,反対勢力も強く,衰退に向うドイツを立直らすことなく夭折した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ハインリヒ7世の関連キーワード宗助国宗助国元寇年輪年代測定法県外避難者永保寺後伏見天皇ペトラルカルクセンブルク朝赤橋守時

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone