コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハイ・ベン・シェリラ ハイ・ベン・シェリラHai ben Sherira

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハイ・ベン・シェリラ
Hai ben Sherira

[生]939
[没]1038.3.23.
バビロニアのゲオニムの最後を飾るユダヤ教学者。当時タルムード解釈の主流であった理性主義的傾向と遵守主義との中道の立場をとり,神人同性説を比喩と説明し,また決定論に対して自由意志を強調。ハイの学寮にはビザンチン帝国や西のキリスト教国から学者が集ったが,質問の手紙も寄せられたようで,タルムード解釈の疑点や決定に答えた 1000通に及ぶ返書が残されている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ハイ・ベン・シェリラの関連キーワードステファヌス8世(9世)承平・天慶の乱李元昊トゥグリル・ベクイシュトバーン[1世]セルジューク朝セルジューク朝アゼルスタンSocket 939レオ7世

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone