コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハエトリタケ ハエトリタケ

2件 の用語解説(ハエトリタケの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハエトリタケ
ハエトリタケ

「テングタケ (天狗茸)」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ハエトリタケ
はえとりたけ / 蠅捕茸

ハエとりに利用されてきたキノコの総称。ハエトリシメジ(別名ハエコロシ)、テングタケ(ハエトリタケ)、ベニテングタケ(アカハエトリ)などがある。これらのキノコをハエがなめると中毒して仮死状態になって倒れる。かつては死ぬと思われていたが、近年、一両日後には生き返るという報告が出されている。[今関六也]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone