コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハエトリタケ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハエトリタケ

テングタケ(天狗茸)」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ハエトリタケ
はえとりたけ / 蠅捕茸

ハエとりに利用されてきたキノコの総称。ハエトリシメジ(別名ハエコロシ)、テングタケ(ハエトリタケ)、ベニテングタケ(アカハエトリ)などがある。これらのキノコをハエがなめると中毒して仮死状態になって倒れる。かつては死ぬと思われていたが、近年、一両日後には生き返るという報告が出されている。[今関六也]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ハエトリタケの関連キーワードベニテングタケ(紅天狗茸)

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android