ハガクレツリフネ(読み)はがくれつりふね

世界大百科事典内のハガクレツリフネの言及

【ツリフネソウ(釣舟草)】より

…おしべは5本,葯は合生して柱頭をおおい,めしべは1本,5心皮性,子房は上位,5室,成熟すると5片に割れる。 ツリフネソウに似るが,花序が葉よりつき出さず,花は葉下に隠れるハガクレツリフネI.hypophylla Makinoは本州中部以西に,また草丈がやや高く,花は黄色のキツリフネI.nolitangere L.(英名touch‐me‐not)は北半球温帯に広く分布し,日本各地にある。 ツリフネソウ属Impatiens(英名touch‐me‐not,balsam,jewelweed)はアジア,アフリカの熱帯を中心に500種ほどあり,種子の形,実生の形態,子房の構造,染色体数など,きわめて多彩な変化がみられる。…

※「ハガクレツリフネ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報