コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハガツオ(歯鰹)(読み)ハガツオ(英語表記)bonito

翻訳|bonito

世界大百科事典 第2版の解説

ハガツオ【ハガツオ(歯鰹) bonito】

スズキ目サバ科の海産魚和名カツオに似た大きな歯をもつ魚の意。別名キツネガツオともいう。ハガツオ属は世界に3種分布し,英名はきれいだというスペイン語に由来する。日本近海ではおもに南日本沿岸域に分布する。体長1mほどになるが,ふつうは25~50cmくらいで漁獲される。体は紡錘形でやや側扁し頭が大きい。尾柄(びへい)の各側に強大な1本の隆起線をはさんで弱い隆起線が1対あり,全身にうろこがある。背側には藍青色地肌に黒色のやや斜めに走る6~7条の縞がある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android