コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハガツオ(歯鰹) ハガツオ bonito

翻訳|bonito

1件 の用語解説(ハガツオ(歯鰹)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ハガツオ【ハガツオ(歯鰹) bonito】

スズキ目サバ科の海産魚。和名はカツオに似た大きな歯をもつ魚の意。別名キツネガツオともいう。ハガツオ属は世界に3種分布し,英名はきれいだというスペイン語に由来する。日本近海ではおもに南日本の沿岸域に分布する。体長1mほどになるが,ふつうは25~50cmくらいで漁獲される。体は紡錘形でやや側扁し頭が大きい。尾柄(びへい)の各側に強大な1本の隆起線をはさんで弱い隆起線が1対あり,全身にうろこがある。背側には藍青色の地肌に黒色のやや斜めに走る6~7条の縞がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ハガツオ(歯鰹)の関連キーワードハガツオマサバ胡麻鯖インドマグロオオニベキグチキハダマグロゴマサバシズソウダガツオ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone