コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハガツオ(歯鰹) ハガツオbonito

翻訳|bonito

世界大百科事典 第2版の解説

ハガツオ【ハガツオ(歯鰹) bonito】

スズキ目サバ科の海産魚。和名はカツオに似た大きな歯をもつ魚の意。別名キツネガツオともいう。ハガツオ属は世界に3種分布し,英名はきれいだというスペイン語に由来する。日本近海ではおもに南日本の沿岸域に分布する。体長1mほどになるが,ふつうは25~50cmくらいで漁獲される。体は紡錘形でやや側扁し頭が大きい。尾柄(びへい)の各側に強大な1本の隆起線をはさんで弱い隆起線が1対あり,全身にうろこがある。背側には藍青色の地肌に黒色のやや斜めに走る6~7条の縞がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報