コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハクサンフウロ(白山風露) ハクサンフウロGeranium yesoense var. nipponicum

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハクサンフウロ(白山風露)
ハクサンフウロ
Geranium yesoense var. nipponicum

フウロソウ科の多年草で,本州中・北部の高山の日当りのよい草地にしばしば群落をつくって生える。一名アカヌマフウロ。茎は下向きの毛があり高さ 30~80cm,葉は長柄があり,5深裂し,裂片はさらに細く裂ける。夏に,径 3cmぐらいの紫紅色の花が開くが,花色の濃淡は変化に富む。5枚ある萼片は緑色で花弁より小さく,花弁も5枚で紅色の倒卵形,同属の他種に比して花弁の脈は目立たない。北海道産のエゾフウロの変種とされ,母種は全体に毛が多く,特に萼片の毛が目立つ。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ハクサンフウロ(白山風露)の関連キーワードフウロソウ科

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android