ハクスリー(読み)はくすりー(英語表記)Aldous Huxley

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ハクスリー(Aldous Huxley)
はくすりー
Aldous Huxley
(1894―1963)

イギリスの小説家、批評家。祖父トマスは進化論のために闘った生物学者、兄ジュリアンは動物学者でユネスコの事務局長も務めた国際的著名人、異母弟アンドリューはノーベル医学生理学賞をもらった生理学者というような知的名門の出である。7月26日、南イギリス、サリー州のゴダルミングで生まれる。イートン校在学中に角膜炎にかかって失明状態になり、そのために医学の志望を放棄した。オックスフォード大学卒業後、1916年象徴派の影響の濃い詩集『火の車』を出し、以降も数冊の詩集を出版したが、21年に風刺小説『クローム・イェロー』を書いて第一次世界大戦後のイギリス戦後派の代表的な小説家となった。これ以降、冷徹な知性で人間の理性と本能との分裂を喜劇的に描くのが彼の一貫した特徴となる。次の小説『道化踊り』(1923)は、生存の目的を失って生の倦怠(けんたい)に悩む20年代の知識人や有閑マダムを風刺的に描いた作品。
 1923年イタリアに移住、30年まで滞在して創作活動に従い、この間D・H・ローレンスと親交を結んだ。28年に発表した『恋愛対位法』は、音楽の対位法を小説に導入した実験的小説で彼の代表作である。32年の『見事な新世界』は、人間は全部人工授精で製造されるという未来社会を描いて統制国家、管理社会の恐ろしさをユーモラスに風刺したもので、逆(アンチ)ユートピア小説の傑作として知られる。38年、眼疾の治療のために赴いたアメリカのカリフォルニアに定住。半自伝的小説『ガザに盲(めし)いて』(1936)以後は神秘主義に著しい関心を示しだし、あらゆる聖者が到達した「無執着(ノン・アタツチメント)」という境地において個人と全宇宙は統一されるという信念を抱いたようである。作品にはほかに長編『くだらぬ本』(1925)、架空小説『猿と本質』(1946)、エッセイ『永遠の哲学』(1946)、『ガザに盲いて』の主題を詳述した評論『目的と手段』(1937)や旅行記その他がある。63年11月22日、ケネディ大統領が暗殺された同じ日に喉頭癌(こうとうがん)のためハリウッドの自宅で没した。[瀬尾 裕]
『高畠文夫訳『すばらしい新世界』(角川文庫) ▽上田勤編著『ハックスレイ研究』(1954・英宝社) ▽成田成寿編『20世紀英米文学案内17 ハックスリー』(1967・研究社出版)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ハクスリーの関連情報