コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハクレン(白鰱) ハクレン silver carp

1件 の用語解説(ハクレン(白鰱)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ハクレン【ハクレン(白鰱) silver carp】

コクレン(黒鰱)Aristichthys nobilisといっしょにしてレンギョと呼ぶ場合が多い。コイ目コイ科の淡水魚原産地アジア大陸一帯の大河川とこれに続く平野部の湖沼。大型で全長1m以上に達する。体は側扁した紡錘形で,頭が大きく眼はやや下方に位置する。体の腹側の外縁は扁平なキール状になり,その前方は腹びれの基部よりも前方に及んでいる。鰓耙(さいは)はほぼ全面が癒着して表面に無数の穴のある海綿状の構造をしている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ハクレン(白鰱)の関連キーワード国際数学連合国連協会国連旗大黒連歌地区連銀報告国連制圧

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone