コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハグロソウ(葉黒草) ハグロソウDicliptera japonica

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハグロソウ(葉黒草)
ハグロソウ
Dicliptera japonica

キツネノマゴ科の多年草で,アジア東部に分布する。日本では関東地方より西の山地の半陰地に生える。茎は四角で直立し,高さ 20~40cmになる。葉は長卵形で対生し,長さ5~8cmほどで,短い柄があり,縁に鋸歯はない。夏,枝の先に数個の紅紫色の花をつける。花は大小2枚の卵形の包葉に包まれる。萼は小さく5裂し,花弁は長さ約 3cmで細長い筒をもち,上端が2裂して唇形となる。おしべは2本で花冠上唇の内側に密着し,中央のめしべ花柱は長く花外に伸びる。果実は細長い 蒴果となる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ハグロソウ(葉黒草)の関連キーワードキツネノマゴ科