ハゲコウ(禿鸛)(読み)ハゲコウ(英語表記)marabou

翻訳|marabou

世界大百科事典 第2版の解説

ハゲコウ【ハゲコウ(禿鸛) marabou】

コウノトリ目コウノトリ科ハゲコウ属Leptoptilosの鳥の総称。この属には,南アジアに分布するオオハゲコウL.dubiusとコハゲコウL.javanicusおよびアフリカに分布するアフリカハゲコウL.crumeniferusの3種がある。オオハゲコウとアフリカハゲコウは,どちらも全長1.5m,翼幅3mに及ぶ大きな鳥である。コハゲコウは全長約1.1m,他の2種よりやや小さい。ハゲコウの名が示すように,頭頸(とうけい)部は皮膚が裸出していることが特徴。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android