コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハコエビ(箱海老) ハコエビLinuparus trigonus

1件 の用語解説(ハコエビ(箱海老)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ハコエビ【ハコエビ(箱海老) Linuparus trigonus】

十脚目イセエビ科の甲殻類(イラスト)。食用エビで,房総半島から南シナ海まで分布し,ハワイからも記録がある。体長35cmに達する大型種であるが,肉質が硬いことと個体数が多くないことから水産業上はあまり重要種ではない。東シナ海や黄海の水深30~100mの泥底で漁獲されるため,長崎や下関などの水揚地ではドロエビと呼ぶことが多い。二枚貝ゴカイを食べているらしい。甲は著しく硬い。甲の形が箱のように見えるのでこの名がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone