コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハコエビ(箱海老) ハコエビ Linuparus trigonus

1件 の用語解説(ハコエビ(箱海老)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ハコエビ【ハコエビ(箱海老) Linuparus trigonus】

十脚目イセエビ科の甲殻類(イラスト)。食用エビで,房総半島から南シナ海まで分布し,ハワイからも記録がある。体長35cmに達する大型種であるが,肉質が硬いことと個体数が多くないことから水産業上はあまり重要種ではない。東シナ海や黄海の水深30~100mの泥底で漁獲されるため,長崎や下関などの水揚地ではドロエビと呼ぶことが多い。二枚貝ゴカイを食べているらしい。甲は著しく硬い。甲の形が箱のように見えるのでこの名がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ハコエビ(箱海老)の関連キーワードイセエビ伊勢海老海老五色海老錦海老沼海老桜蝦猩猩蝦

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone