ハコエビ(箱海老)(読み)ハコエビ(英語表記)Linuparus trigonus

世界大百科事典 第2版の解説

ハコエビ【ハコエビ(箱海老) Linuparus trigonus】

十脚目イセエビ科の甲殻類イラスト)。食用エビで,房総半島から南シナ海まで分布し,ハワイからも記録がある。体長35cmに達する大型種であるが,肉質が硬いことと個体数が多くないことから水産業上はあまり重要種ではない。東シナ海黄海水深30~100mの泥底で漁獲されるため,長崎や下関などの水揚地ではドロエビと呼ぶことが多い。二枚貝ゴカイを食べているらしい。甲は著しく硬い。甲の形が箱のように見えるのでこの名がある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

台風一過

台風が通り過ぎたあと、空が晴れ渡りよい天気になること。転じて、騒動が収まり、晴れ晴れとすること。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android