コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハコネシダ(箱根羊歯) ハコネシダ Adiantum monochlamys

2件 の用語解説(ハコネシダ(箱根羊歯)の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハコネシダ(箱根羊歯)
ハコネシダ
Adiantum monochlamys

ワラビ科の常緑性シダ植物で,ハコネソウイチョウシノブなどともいう。日本の暖地,朝鮮南部,台湾,中国大陸に分布する。山地のあまり陰湿でない地上や岩上に生える。根茎は短く匍匐あるいは斜上し,葉柄基部とともに黒褐色の細い鱗片を密につける。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ハコネシダ【ハコネシダ(箱根羊歯) Adiantum monochlamys Eaton】

ホウライシダ科の常緑多年生シダ植物(イラスト)。通常岩上に着生し,しばしば群落をつくる。根茎は短く匍匐(ほふく)し,相接して葉を出す。葉身は3~4回羽状に分岐し,葉柄は赤褐色で,漆塗のような光沢がある。葉は長三角形で,大きなものは長さ30cmを超える。小葉は基部が広いくさび形で,うすい紙質。胞子囊群は1小葉あたり1~2個,頂縁の深い凹みにつき,偽包膜とよばれる折れ返った葉片で包まれる。日本の本州以南と,朝鮮半島南部,台湾に分布している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ハコネシダ(箱根羊歯)の関連キーワード雉の尾羊歯玉羊歯茶筅羊歯虎の尾羊歯箱根羊歯小羊歯立忍蓬莱羊歯イヌウラジロナナバケシダ