ハサン・アルバスリー(英語表記)al‐Ḥasan al‐Baṣrī

世界大百科事典 第2版の解説

ハサン・アルバスリー【al‐Ḥasan al‐Baṣrī】

642‐728
初期イスラムの最も優れた思想家。サワード征服の際の捕虜の子としてメディナに生まれ,のちバスラに移住し,その指導的知識人として多くの弟子を養成した。彼は羊毛の粗衣を着ていたことから,後世に最初のスーフィーとされるが,彼の説いた教えは禁欲主義にあって,後世のイスラム神秘主義運動を形成する一要素である精神修行法を開発した。またムータジラ派ハサンを学祖とするが,彼は罪をより高い次元から判断して人間の責任を強調し,人間はすべて罪障多き偽善者であるから,不断の反省と宗教規定の遵守が要請されると主張した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のハサン・アルバスリーの言及

【イスラム】より

… バスラのモスクの中庭に,車座になって熱心に師の教えに耳を傾ける一団の若者たちがいた。車座の中心にいた師はハサン・アルバスリーで,彼の教えの中心は禁欲主義にあり,自由意志か予定かといった問題の立て方はしなかったが,罪についての人間の責任を重くみて,神に責任を転嫁することを固く戒めた。ハワーリジュ派の提起した罪の問題については,彼は大罪を犯した者をムナーフィクーンmunāfiqūn(偽善者)と呼び,このような者を殺してはならないが,地獄に落ちる可能性がきわめて高いので,正しい道に引き戻してやる必要があると考えた。…

【スーフィー】より

…ほぼ同じ意味でファキールの語が用いられることもあるし,イランやトルコではデルウィーシュの語が用いられることもある。初期のスーフィーの代表的人物は,8世紀後半の女性ラービアで,神に対する畏怖の念を強くもつハサン・アルバスリーの禁欲主義に対して,神への神秘的愛を強調した。スーフィーの活動の中心地も8世紀の後半にはイラクのクーファであったが,10世紀ころまでには全イラクに広がっていき,以後,全イスラム世界に拡大していくこととなった。…

※「ハサン・アルバスリー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

スロースリップ

地球の表面を構成するプレートの境界面において、プレートがゆっくりと滑って移動する現象。この移動が一気に起きるとプレート境界地震になる。プレートどうしが強く固着した、アスペリティーと呼ばれる領域以外で生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android