コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハシゴシダ(梯子羊歯) ハシゴシダThelypteris glanduligera

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハシゴシダ(梯子羊歯)
ハシゴシダ
Thelypteris glanduligera

オシダ科の常緑性シダ植物。アジア東部から南部暖帯に広く分布する。林下のやや乾燥したところに生える。根茎地中を長くはい,葉はやや込合ってつく。葉は長さ 40cmぐらいで披針形,葉身は2回羽状に深裂し,両面に毛を生じる。裂片は長楕円状披針形で葉脈は単条で辺縁に達する。胞子嚢群は裂片の縁寄りにつき円形で,包膜は円腎形,胞子は両面体型。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ハシゴシダ(梯子羊歯)の関連キーワードオシダ科

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android