コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハシメサウド Hassi Messaoud

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハシメサウド
Hassi Messaoud

アルジェリア東部,トゥグールト南方約 160km,東部大砂漠にある石油基地。周辺にある油田群を含めてハウドエルハムラ Haud el Hamraと呼ばれる。かつては遊牧民の水飲み場であったが,1956年に石油が発見されて以来急速に発展。アルジェリア系とフランス系の2つの石油会社が開発にあたり,小規模の精油所もあるが,大半は原油のままパイプラインで地中海沿岸のベジャイアアルズウに送られ,一部は 81年に完成した海底パイプラインでシチリア島へ送られる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

ハシメサウド【Hassi Messaoud】

アルジェリア、サハラ砂漠北部の油田。1956年から採掘。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ハシメサウドの関連キーワードスキクダワルグラ採掘

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android