ハジロコチドリ(読み)はじろこちどり(英語表記)ringed plover

翻訳|ringed plover

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ハジロコチドリ
はじろこちどり / 羽白小千鳥
ringed plover
[学]Charadrius hiaticula

鳥綱チドリ目チドリ科の鳥。ユーラシア極北部のツンドラやグリーンランドで繁殖し、冬にはヨーロッパ、アフリカ、アジアなどに渡る。日本ではごくまれな旅鳥あるいは冬鳥で、シロチドリなどの群れに混じっていることがあり、広い干潟でみられる。全長19センチメートル。上面は褐色で、下面は白色。胸には黒色の太い帯があり、顔も白と黒の模様である。嘴(くちばし)は基部が橙(だいだい)色で、先端は黒色。足は橙黄(とうこう)色をしている。[柳澤紀夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

プレッパー

非常事態に備え、食糧や自衛のための武器・弾薬などを過度に備蓄している人のこと。「備える(prepare)」から生まれた言葉で、2012年現在では米国に最も多く存在し全米で300~400万人にのぼるとみ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android