ハスジグサ

海藻海草標本図鑑の解説

ハスジグサ

からだは薄く扁平帯状。分枝叉状で腋は丸く狭い。枝の先端は鈍円。縁は全縁。根本付近は細くなり茎状となる。嚢果ができると葉部の中央に断続的な線状と なって並び盛り上がる。髄層は1〜3層の大形で無色の細胞からなり皮層は小形の細胞が1〜2層並んでいる。手触りは薄い膜質で柔らかく裂けやすい。生体は 淡い紅色〜紅色。押し葉標本は台紙につかない。

出典 千葉大学海洋バイオシステム研究センター銚子実験場「海藻海草標本図鑑」海藻海草標本図鑑について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android