コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハスノハギリ(蓮葉桐) ハスノハギリHernandia nymphaeifolia

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハスノハギリ(蓮葉桐)
ハスノハギリ
Hernandia nymphaeifolia

ハスノハギリ科の常緑高木で,熱帯地方の海岸に広く分布する。日本では南西諸島小笠原諸島でみられる。これらの地方では海岸の防風林として植えることもある。高さ 20mに達し,樹皮灰白色,キリの肌に似ている。葉は長さ 20~40cmの長卵形で,柄は楯のようにつく。夏に,散房花序を出し白色6弁の小花をつける。雌雄同株で,花後に特徴ある袋状球形の果実をつくる。ピンポン玉のようにふくらんだ袋は包葉で,中に黒い種子が1個あり,袋の頂端には穴がある。この袋状の果実は海水に浮び,漂流して砂浜に発芽する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ハスノハギリ【ハスノハギリ(蓮葉桐) Hernandia nymphaefolia (Presl) Kubitzki(=H.peltata Meissn.)】

熱帯~亜熱帯の海岸に生育する生長の速いハスノハギリ科の常緑高木で,高さ20mになる。果実が水に浮き,潮流に運ばれて分散するためアフリカ東岸より東南アジア,太平洋地域にいたる広い範囲に分布し,北限として琉球,小笠原にも自生する。葉は互生し,葉身は長さ10~30cmの広卵形,全縁,やや革質葉柄は6~25cmで葉身に楯状につく。花は乳白色の小花で,葉腋(ようえき)に生ずる散房花序上に咲く。果実は径3~4cmの楕円形石果で,花後に肥大した肉質,袋状の小苞に包まれる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android