コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハスノハギリ(蓮葉桐) ハスノハギリ Hernandia nymphaeifolia

2件 の用語解説(ハスノハギリ(蓮葉桐)の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハスノハギリ(蓮葉桐)
ハスノハギリ
Hernandia nymphaeifolia

ハスノハギリ科の常緑高木で,熱帯地方の海岸に広く分布する。日本では南西諸島小笠原諸島でみられる。これらの地方では海岸の防風林として植えることもある。高さ 20mに達し,樹皮は灰白色,キリの肌に似ている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ハスノハギリ【ハスノハギリ(蓮葉桐) Hernandia nymphaefolia (Presl) Kubitzki(=H.peltata Meissn.)】

熱帯~亜熱帯の海岸に生育する生長の速いハスノハギリ科の常緑高木で,高さ20mになる。果実が水に浮き,潮流に運ばれて分散するためアフリカ東岸より東南アジア太平洋地域にいたる広い範囲に分布し,北限として琉球,小笠原にも自生する。葉は互生し,葉身は長さ10~30cmの広卵形,全縁,やや革質,葉柄は6~25cmで葉身に楯状につく。花は乳白色の小花で,葉腋(ようえき)に生ずる散房花序上に咲く。果実は径3~4cmの楕円形の石果で,花後に肥大した肉質,袋状の小苞に包まれる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ハスノハギリ(蓮葉桐)の関連キーワードアオウミガメ亜熱帯気候熱帯気団熱帯湖マングローブ亜熱帯植物亜熱帯林ハウチワノキモモタマナモンパノキ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone