コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハタネズミ(畑鼠) ハタネズミMicrotus montebelli

世界大百科事典 第2版の解説

ハタネズミ【ハタネズミ(畑鼠) Microtus montebelli】

本州と九州にすむ,尾と四肢が短く,ずんぐりした体つきの,目の小さな半地下生のネズミ。齧歯(げつし)目ネズミ科の哺乳類。しばしば大発生して農作物や植林地の苗木を食害することで話題を呼ぶ。毛はビロード状で柔らかく,長く,耳はほとんど頭の毛に隠れる。体色灰褐色体長11~13cm,尾長3.5~4.5cm,体重30~40g。ふつう平地から標高1200mくらいまでの農地,牧場,草原,明るい林にすむが,とくに水場近くの湿潤な草地を好み,地中に延長30mに達する複雑なつくりのトンネルを掘って通路,巣,貯蔵庫とし,集団生活を送る。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android