ハタハタ漁

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

ハタハタ漁

漁法として、冬の産卵期に沿岸に押し寄せる成魚定置網や刺し網でつかまえる沿岸漁(季節ハタハタ漁)と沖合漁がある。1960年代には県内の漁獲量が年間2万トンを超える時期もあったが、乱獲などで91年には72トンまで激減。92年から3年間の全面禁漁を経て2002年に約2千トン、03年に約3千トンに達するなど、資源量は回復傾向にあるという見方が大勢だ。

(2013-01-27 朝日新聞 朝刊 秋田全県 1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ハタハタ漁の関連情報