コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハダカホオズキ(裸酸漿) ハダカホオズキ Tubocapsicum anomalum

1件 の用語解説(ハダカホオズキ(裸酸漿)の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハダカホオズキ(裸酸漿)
ハダカホオズキ
Tubocapsicum anomalum

ナス科の多年草で,東南アジアの熱帯から暖温帯にかけて広く分布する。日本では本州,四国,九州と南西諸島小笠原諸島伊豆七島の一部などにみられ山地の木陰に生える。茎は高さ 60~90cmになり叉状に分枝する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ハダカホオズキ(裸酸漿)の関連キーワードスローロリストウガラシ(唐辛子)東南アジア東南アジア条約機構ベチベル高麗芝アジアンポップス東南アジア学会ネコノシタムサシアブミ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone