コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハダカホオズキ(裸酸漿) ハダカホオズキTubocapsicum anomalum

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハダカホオズキ(裸酸漿)
ハダカホオズキ
Tubocapsicum anomalum

ナス科の多年草で,東南アジアの熱帯から暖温帯にかけて広く分布する。日本では本州,四国,九州と南西諸島,小笠原諸島,伊豆七島の一部などにみられ山地の木陰に生える。茎は高さ 60~90cmになり叉状に分枝する。葉は互生し,大きく,長楕円形で長さ8~18cmあり,全体に毛はない。秋に,2~4個の淡黄色の花を葉腋から下垂する。萼は小さな皿状,花弁は短い鐘形で直径約 8mm,先は5裂しそり返る。果実は液質の球形で径7~10mmとなり赤熟する。近縁の変種にマルバハダカホオズキ T. anomalum var. obtusumがある。和名はホオズキに似ているが,果実が包葉に包まれず裸であるところからついた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android