ハチクイ(蜂喰)(読み)ハチクイ(英語表記)Australian bee‐eater

世界大百科事典 第2版「ハチクイ(蜂喰)」の解説

ハチクイ【ハチクイ(蜂喰) Australian bee‐eater】

ブッポウソウ目ハチクイ科の鳥(イラスト)。ハチクイは,rainbow‐birdという英名もあるように美しい鳥である。全長約23cm。全体に青色を帯びた緑色で,のどと頭上から後頸(こうけい)部は黄褐色,過眼線と胸輪は黒い。尾羽は黒く,中央羽2枚は長く,とくに雄では長くのびている。オーストラリアのほぼ全域で繁殖し,その大部分はニューギニア,スンダ列島,ソロモン諸島などに渡り越冬する。日本では,1904年に沖縄県の宮古島でただ1羽採集された記録がある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

物言う株主

上場企業の経営に自らの考えを表明して積極的に関わる株主。株主総会で独自の議案を提出したり、役員などを送り込んだりして経営改革を迫ることもある。アクティビスト。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android