コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハチクラゲ類(鉢水母類) はちくらげるいScyphozoa

世界大百科事典 第2版の解説

はちくらげるい【ハチクラゲ類(鉢水母類) Scyphozoa】

腔腸動物門(刺胞動物門)の一綱。鉢虫類真正クラゲ類ともいう。ごく少数の例外を除いて,ポリプ型クラゲ型の世代があり,クラゲ型がポリプ型よりも大きく発達している。ミズクラゲアカクラゲ(イラスト),アンドンクラゲタコクラゲなど世界から230種ほどが知られている。かさは円盤状や半球状で,厚いゼラチン質の中膠(ちゆうこう)からなり,エチゼンクラゲの大きなものではかさの直径1m以上,体重が150kgになるものもある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のハチクラゲ類(鉢水母類)の言及

【クラゲ(水母)】より

…腔腸動物(刺胞動物)門のヒドロ虫綱Hydrozoaとハチクラゲ綱Scyphozoaの自由遊泳型と有櫛(ゆうしつ)動物Ctenophoraの個体の総称(イラスト)。プランクトンの一員。…

【腔腸動物】より

クラゲイソギンチャクサンゴなどを含む比較的下等な一動物門。ヒドロ虫綱,ハチクラゲ綱,花虫綱の3綱が含まれる。体内が食物を消化する広い胃腔になっているところからこの名がある。また触手や他の部分に有毒な刺胞をもつので刺胞動物Cnidariaとも呼ばれている。かつてはクシクラゲ類が腔腸動物の中に含められていたが,体の構造上から有櫛(ゆうしつ)動物という別門にされた。多細胞動物ではあるが,体の構造は簡単で,中枢神経や排泄器はなく,消化系と循環系とがまだ分離していないなど進化の程度は低い。…

※「ハチクラゲ類(鉢水母類)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

ハチクラゲ類(鉢水母類)の関連キーワード腔腸動物門

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android