コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハチドリ(蜂鳥) ハチドリhummingbird

翻訳|hummingbird

1件 の用語解説(ハチドリ(蜂鳥)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ハチドリ【ハチドリ(蜂鳥) hummingbird】

アマツバメ目ハチドリ科Trochilidaeの鳥の総称。この科はおよそ116属350種からなる大きな科で,南北アメリカ大陸と西インド諸島の特産である。ハチドリ類は,一般にいちばん小さい鳥としてよく知られ,そのうえ金属光沢に光る美しい羽毛をもち,独得の飛行法や花のみつを主食としていることでも有名である。ハチドリの名は,この鳥が飛ぶときの羽音がハチの羽音に似ていることによる。 全長5~21.6cm。大多数の種はミソサザイよりも小型で,最小種のマメハチドリMellisuga helenae(キューバ産)はくちばしと尾を除いた体長が2.5cmしかなく,全鳥類を通じて最小である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

ハチドリ(蜂鳥)の関連キーワードアマツバメ目

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone