ハチドリ(蜂鳥)(読み)ハチドリ(英語表記)hummingbird

翻訳|hummingbird

世界大百科事典 第2版の解説

ハチドリ【ハチドリ(蜂鳥) hummingbird】

アマツバメ目ハチドリ科Trochilidaeの鳥の総称。この科はおよそ116属350種からなる大きな科で,南北アメリカ大陸と西インド諸島の特産である。ハチドリ類は,一般にいちばん小さい鳥としてよく知られ,そのうえ金属光沢に光る美しい羽毛をもち,独得の飛行法や花のみつ主食としていることでも有名である。ハチドリの名は,この鳥が飛ぶときの羽音がハチの羽音に似ていることによる。 全長5~21.6cm。大多数の種はミソサザイよりも小型で,最小種のマメハチドリMellisuga helenae(キューバ産)はくちばしと尾を除いた体長が2.5cmしかなく,全鳥類を通じて最小である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

野球の用語

アウトサイド・コーナー outside corner 打者から見て本塁上の遠い側。外角。和製英語ではアウトコーナーともいう。アシスト assist打者が打った球を捕球後にある塁に送球し走者の刺殺を間接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android