コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハッカ(薄荷)脳 ハッカのう

百科事典マイペディアの解説

ハッカ(薄荷)脳【ハッカのう】

メントール

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内のハッカ(薄荷)脳の言及

【メントール】より

…メントールは化学式C10H20Oの単環式モノテルペンアルコールで,3個の不斉炭素をもつため四つの立体異性体を有し,それぞれが光学活性体をもつため,ラセミ体を含めて12の異性体が存在する。芳香成分として重要なのは天然に産するl‐メントールで,ハッカ脳ともいう。融点43℃,沸点216.5℃であるが,常温で容易に昇華する。…

※「ハッカ(薄荷)脳」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ディーセント・ワーク

ディーセント・ワーク(Decent Work)とは1999年、ILO(国際労働機関)のフアン・ソマビア事務局長が就任時に掲げたスローガンです。「人間らしいやりがいのある仕事」「適切な仕事」などと邦訳さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android