コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハッサーン・ブン・アンヌーマーン al‐Ḥassān b.al‐Nu‘mān

1件 の用語解説(ハッサーン・ブン・アンヌーマーンの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ハッサーン・ブン・アンヌーマーン【al‐Ḥassān b.al‐Nu‘mān】

?‐699∥700
ウマイヤ朝北アフリカ総督。カリフアブド・アルマリクの命で北アフリカ征服運動を再開し,頑強に抵抗するベルベルの女預言者カーヒナの軍を破って(697∥698),北アフリカ征服を完遂した。チュニスに造兵廠をつくり,アラブ海軍の増強に努めた。698年,エジプト総督とともに罷免された後,ビザンティン帝国との戦闘に従軍し戦死した。【花田 宇秋】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

ハッサーン・ブン・アンヌーマーンの関連キーワード自動車取得税弓削皇子事務管理(法律)成田スカイアクセス受刑者の収容状況弓削皇子イスマーイール派役行者役小角大江皇女

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone