コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハッサーン・ブン・アンヌーマーン al‐Ḥassān b.al‐Nu‘mān

1件 の用語解説(ハッサーン・ブン・アンヌーマーンの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ハッサーン・ブン・アンヌーマーン【al‐Ḥassān b.al‐Nu‘mān】

?‐699∥700
ウマイヤ朝北アフリカ総督。カリフアブド・アルマリクの命で北アフリカ征服運動を再開し,頑強に抵抗するベルベルの女預言者カーヒナの軍を破って(697∥698),北アフリカ征服を完遂した。チュニスに造兵廠をつくり,アラブ海軍の増強に努めた。698年,エジプト総督とともに罷免された後,ビザンティン帝国との戦闘に従軍し戦死した。【花田 宇秋】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ハッサーン・ブン・アンヌーマーンの関連キーワードウマイヤ朝後ウマイヤ朝アフリカ菫アフリカ舞舞ホワイトアフリカ南アフリカムアーウィヤアブドアッラフマーン汎アフリカ主義北阿

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone