コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハッジャージ・イブン・ユースフ al-Ḥajjāj ibn Yūsuf al-Thaqafī

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハッジャージ・イブン・ユースフ
al-Ḥajjāj ibn Yūsuf al-Thaqafī

[生]660/661. ターイフ
[没]714.6. ワーシト
初期イスラム,ウマイヤ朝の軍人,政治家。アラブのサキーフ族出身。ウマイヤ朝カリフ,アブドゥル・マリク (在位 685~705) にその才能を買われ,第2次内乱鎮圧に活躍して僭称カリフ,アブドゥッラー・イブヌッ・ズバイルを倒した。 694年からイラク総督となり,702年にはワーシトの町を建設してシリア軍を率いてそこに駐屯し,イラクのアラブ戦士を押えた。イラクおよびその東方すべての総督として帝国の半分を支配し,領土の拡大,農耕地の整備,運河の開発,官僚,軍人の育成に実績をあげた。またイラク最初の銀貨の鋳造,アラビア文字の改良などは彼の功績とされる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ハッジャージ・イブン・ユースフの関連キーワードムハンマド・イブヌル・カーシムクタイバ・イブン・ムスリムイブヌル・アシュアスアブドゥッラー