コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハッチ‐スラック回路 Hatch-Slack pathway

1件 の用語解説(ハッチ‐スラック回路の意味・用語解説を検索)

法則の辞典の解説

ハッチ‐スラック回路【Hatch-Slack pathway】

C4-ジカルボン酸経路という別名もある.C4植物が大気中の二酸化炭素を取り込み,葉の中でホスホエノールピルビン酸と反応してオキサロ酢酸を生じる.これはアミノ化されてアスパラギン酸となるか,還元を受けてリンゴ酸の形に変化するが,いずれにせよ維管束に移動して二酸化炭素を放出してピルビン酸に戻る.放出された二酸化炭素はカルヴィンサイクル*に組み込まれ,ビルビン酸はATPの作用でホスホエノールピルビン酸に代わって回路が完成する.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ハッチ‐スラック回路の関連キーワードカルボン酸ジカルボン酸C4植物オキシカルボン酸ω酸化カルボン酸エステラーゼ還元的ペントースリン酸経路ジカルボン酸尿ジカルボン酸尿症ホスホグルコン酸経路

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone