コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハッチ‐スラック回路 Hatch-Slack pathway

1件 の用語解説(ハッチ‐スラック回路の意味・用語解説を検索)

法則の辞典の解説

ハッチ‐スラック回路【Hatch-Slack pathway】

C4-ジカルボン酸経路という別名もある.C4植物が大気中の二酸化炭素を取り込み,葉の中でホスホエノールピルビン酸と反応してオキサロ酢酸を生じる.これはアミノ化されてアスパラギン酸となるか,還元を受けてリンゴ酸の形に変化するが,いずれにせよ維管束に移動して二酸化炭素を放出してピルビン酸に戻る.放出された二酸化炭素はカルヴィンサイクル*に組み込まれ,ビルビン酸はATPの作用でホスホエノールピルビン酸に代わって回路が完成する.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ハッチ‐スラック回路の関連キーワードカルボン酸ジカルボン酸C4植物オキシカルボン酸ω酸化カルボン酸エステラーゼ還元的ペントースリン酸経路ジカルボン酸尿ジカルボン酸尿症ホスホグルコン酸経路

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone