コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハットゥシリシュ1世 ハットゥシリシュいっせいKhattushilish I; Hattusilis I; Labernash II

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハットゥシリシュ1世
ハットゥシリシュいっせい
Khattushilish I; Hattusilis I; Labernash II

ヒッタイト古王国時代の王 (在位前 1650頃~前 1620頃) 。ラバルナシュ2世とも呼ばれる。先王ラバルナシュ1世の子。内政に力を注いだ先王と異なり,タウロス山地に侵攻,また北シリアに侵入してヤムハト王国を攻撃。しかし王位継承をめぐる内紛に苦しみ,子供たちを追放,孫のムルシリシュ1世を継承者と定めた。王族と貴族会議に向けた彼の「遺言状」は,楔形文字で書かれた現存する最古のヒッタイト文書で,そこに書かれた回想録は,ヒッタイト古王国の重要な史料となっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ハットゥシリシュ1世の関連キーワード自己株式色覚首相指名ウイグル自治区新疆ウイグル自治区C56あたごJALエクスプレス会社員の公的医療保険大日向村の分村移民

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android