ハットゥシリシュ3世(読み)ハットゥシリシュさんせい(英語表記)Khattushilish III; Hattusilis III

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハットゥシリシュ3世
ハットゥシリシュさんせい
Khattushilish III; Hattusilis III

ヒッタイト新王国時代の王 (在位前 1275頃~50頃) 。甥のウルヒ・テシュプ (ムルシリシュ3世) から政権を奪取,みずからの行為を正当化した「自叙伝」は有名。アナトリア南西部のアルザワに軍事行動を起したほかは,治世は平穏であった。古都ハットゥシャシュ (現トルコのボガズキョイ) に遷都し,政治機構を改革。アッシリアの脅威に対しエジプトと同盟 (前 1269頃) ,娘をエジプト王ラムセス2世にとつがせた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

4低男子

女性が結婚相手に望む理想の男性像の一つ。「4低」は、女性に対して威圧的な態度を取らない「低姿勢」、家事や子育てを分担して妻に依存しない「低依存」、堅実な仕事に就きリストラに遭うリスクが少ない「低リスク...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android