コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハツユキソウ(初雪草) ハツユキソウEuphorbia marginata; ghostweed; snow-on-the-mountain

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハツユキソウ(初雪草)
ハツユキソウ
Euphorbia marginata; ghostweed; snow-on-the-mountain

トウダイグサ科一年草で,北アメリカ原産。上部に純白の覆輪 (ふくりん) が入り,和名では初雪にたとえられる。葉は長楕円形で全縁。生育途中は白粉を帯びたような明るい緑色であるが,夏頃から茎の上部の葉は葉縁が白く彩られる。茎頂につく花は小さくてほとんど目立たない。花壇や切り花に利用される。切り口から出る乳液をよく洗い流すと水揚げがよい。草丈は 60~100cmになり,倒伏しやすいので早めに支柱を立てる。種子は5月頃,直まきにする。日当りのよい場所を好むが,半日陰でも育つ。しばしばこぼれ種からも発芽する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android