ハトルグリムソン,J.(読み)はとるぐりむそん

世界大百科事典内のハトルグリムソン,J.の言及

【アイスランド】より

…これはヨーロッパ中世バラードの系譜につらなる。近代文学は19世紀初頭民族ロマン主義によって始まり,ビャルトニ・トーラレンセンBjarni Thorarensen(1786‐1841),ヨウーナス・ハトルグリムソンJónas Hallgrímsson(1807‐45)ら一連の抒情詩人,ヨウーン・トーロッドセンJón Thoroddsen(1819‐68)らの小説家が出た。20世紀になって国際的に知られるのは小説家で,デンマーク語で執筆したグンナルスソン,ソウルベルグル・ソウルザルソンThórbergur Thórðarson(1889‐1974),ノーベル文学賞受賞者ラックスネスらがいる。…

※「ハトルグリムソン,J.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

配偶者

夫婦の一方からみた他方。配偶者としての身分は、婚姻によって取得し、婚姻の解消によって失う。親族ではあるが、親等はない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android