コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハドリアヌス1世 ハドリアヌスいっせいHadrianus I

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハドリアヌス1世
ハドリアヌスいっせい
Hadrianus I

[生]? ローマ
[没]795.12.25
教皇 (在位 772~795) 。ローマの貴族出身。教皇領を脅かしたランゴバルドの王デシデリウスに対して,カルル大帝と結び,774年ランゴバルド王国を滅ぼした。以後フランク王国との緊密な同盟政策を推進,教会と国家の連合という中世的理想を実現したが,教皇領などをめぐって対立もあった。キリスト養子説に反対してトレド大司教エリパンドスを断罪。第2回ニカイア公会議の反聖画像破壊の決議を支持。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ハドリアヌス1世の関連キーワードサンタマリアインコスメディン教会カルル大帝レオ3世教皇領在位

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android