コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハナイカダ(花筏) ハナイカダHelwingia japonica

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハナイカダ(花筏)
ハナイカダ
Helwingia japonica

ミズキ科の落葉低木で,北海道南西部から本州,四国,九州に分布する。山の谷間に生え,高さは1~2mにとどまる。葉は互生し,卵円形で先がとがり,長さ6~12cmで葉縁に細かい鋸歯がある。雌雄異株で,初夏に葉面の中央の脈上に短柄のある淡緑色の花をつける。雄花数個つき,小さな花弁おしべが4個ずつある。雌花は1~3個で,3枚の花弁と1個のめしべをもつ。花後に子房は径約 1cmの緑色の核果となり黒熟する。地方によっては若い葉はままっこと呼ばれ食用となる。和名は葉の上に花や実を載せた様子を筏にたとえたものである。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ハナイカダ(花筏)の関連キーワードミズキ科

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android