コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハナイカリ(花碇) ハナイカリHalenia corniculata; spurred gentian

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハナイカリ(花碇)
ハナイカリ
Halenia corniculata; spurred gentian

リンドウ科の越年草で,アジア,ヨーロッパ温帯に広い分布をもつ。山地の陽地に自生する。茎は直立して4稜線があり,高さ 10~60cmに達する。葉は対生し長さ2~6cmの長楕円形で柄はない。8~9月,葉腋から短い花柄を伸ばし,淡黄緑色の多数の花をつける。萼は緑色で4片に分れ,裂片は線形をしている。花冠は4深裂し,長さ6~10mmで裂片の基部に長さ3~7mmの距がある。花後に長さ 1cm弱の披針形の 蒴果ができる。和名は四方に開出する4個の長い距を碇 (いかり) に見立てたものである。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ハナイカリ【ハナイカリ(花碇) spurred gentian】

リンドウ科の一・二年草(イラスト)。淡黄色の碇形の花をつけることで,他のリンドウ科植物と異なる。全体平滑で,高さ10~60cm。茎は四稜形で,単一または分枝する。根出葉は花時にもあり,対生またはややロゼット状。茎葉は対生で,披針形から楕円状卵形,長さ2~6cm,幅1~2.5cm,3~5脈あり,短柄があるかまたは無柄。7~9月に,花を茎および枝の先端と葉腋(ようえき)につける。萼は4深裂し,裂片は線状倒披針形。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android