コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハナギンチャク(花巾着) ハナギンチャク

1件 の用語解説(ハナギンチャク(花巾着)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ハナギンチャク【ハナギンチャク(花巾着)】

花虫綱ハナギンチャク科Cerianthidaeに属する腔腸動物(刺胞動物)の総称。暖海域に分布し,内湾の数十mまでの砂や泥の海底中で,粘液でつくった泥の管の中にすむ。体は長さ10~25cmの円筒状で,前端に口盤があり,後端はしだいに細くなったり,球状に終わっている。体色は褐色や紫色。口盤は直径1.5~5cmで,口盤の中央にある口丘の周囲を短い口触手が1列にとり巻き,さらに口盤の周囲にも50~250本の非常に長い縁触手がとり巻いている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ハナギンチャク(花巾着)の関連キーワード花虫類六放珊瑚磯巾着落し巾着砂巾着茶茶むちゃくぬんちゃく花巾着柳海鰓イソギンチャク

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone