コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハナゴンドウ(花巨頭) ハナゴンドウRisso’s dolphin

世界大百科事典 第2版の解説

ハナゴンドウ【ハナゴンドウ(花巨頭) Risso’s dolphin】

ハクジラ亜目マイルカ科の哺乳類。世界中の温帯,熱帯の外洋に分布するゴンドウクジラ型のイルカ。前頭部はほぼ垂直に立ち,前面には,縦のくぼみがある。くちばしはなく,歯は下あごにのみ数対ある。背びれは高く,体のほぼ中央にある。胸びれも比較的長い。幼体は,ほぼ全身黒褐色であるが,しだいに淡色となり,成体では淡灰色ないし白色となる。体表に仲間どうしの歯でできた引っかき傷が無数にあり松葉に似るので,マツバイルカの別名がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のハナゴンドウ(花巨頭)の言及

【ゴンドウクジラ(巨頭鯨)】より

…体長は4.5m(雌)~6m(雄)で,胸びれは体長の22~27%と前種よりも長い。ハナゴンドウ(全長3m),オキゴンドウ(全長5.5m)なども暖海性のマイルカ科の仲間で,頭部が大きくまるいので,ゴンドウクジラ類とも称されるが,それぞれ別属の種類である。クジラ【粕谷 俊雄】。…

※「ハナゴンドウ(花巨頭)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android