コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハナズオウ(花蘇芳∥花蘇方) ハナズオウ Cercis chinensis Bunge

1件 の用語解説(ハナズオウ(花蘇芳∥花蘇方)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ハナズオウ【ハナズオウ(花蘇芳∥花蘇方) Cercis chinensis Bunge】

春,葉に先立って紅紫色の美花が咲くため,広く観賞用として庭園に栽培される中国原産のマメ科植物。日本へは江戸時代に渡来。高さ約4mほどの小高木となる落葉樹。樹皮はほとんど灰色。葉は心形で長さ4~8cm,先は短くとがる。表は光沢があり,裏面はやや緑白色。花は前年の枝上の節に束になってつき,長さ約2cm。ふつうのマメ科植物の蝶形花とよく似ているが,旗弁は両わきの翼弁よりも内側につき,この3枚がそり返っている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ハナズオウ(花蘇芳∥花蘇方)の関連キーワード花兄唐椿庚申薔薇言葉に花が咲く咲く匂菫花が咲く話に花が咲く浜大根ヤラッパ

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone