コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハナネコノメ(花猫の目) ハナネコノメChrysosplenium album var.stamineum

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハナネコノメ(花猫の目)
ハナネコノメ
Chrysosplenium album var.stamineum

ユキノシタ科の多年草。福島県から京都府にかけて分布し,深山樹林下の沢沿い湿地に群生する。茎は花後,地表を長くはって伸長し,白色の軟毛がまばらにあり,葉を対生する。葉は扇状円形ないし円腎形で,上縁に3~5個の半円状の鋸歯がある。3月下旬から4月に,長さ3~10cmの花茎の先に1~4個の白い鐘状の花をつける。花弁はなく,萼裂片は4枚で白く円頭または鈍頭。おしべは8本で萼裂片より長く突き出て,裂開前の (やく) は暗紅色を呈する。子房は上位で2心皮からなる。近縁なシロバナネコノメソウ C.album var.albumは本州西部 (近畿,中国地方) ,四国,九州に分布し,おしべは萼裂片とほぼ同長で,茎に白色軟毛が多い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android