コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハナヒリノキ(嚔の木) ハナヒリノキLeucothoe grayana

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハナヒリノキ(嚔の木)
ハナヒリノキ
Leucothoe grayana

ツツジ科の落葉低木で,北海道,本州の中部地方以北の山地に自生する。茎はよく分枝し,高さ 1m前後となる。葉は互生し,倒卵形で長さ2~8cmで質は厚い。夏に,枝の先に包葉のある総状花序をつけ,短い柄のある花を多数開く。花冠は壺状で浅く5裂し,淡緑色で下向きに咲く。葉をもんで鼻に入れると,くしゃみが出るのでこの名がつけられた。有毒である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ハナヒリノキ(嚔の木)の関連キーワードツツジ科

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android