ハナマルユキダカラガイ(読み)はなまるゆきだからがい(英語表記)serpent's head cowry

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ハナマルユキダカラガイ
はなまるゆきだからがい / 花丸雪宝貝
serpent's head cowry
[学] Ravitrona caputserpentis

軟体動物門腹足綱タカラガイ科の巻き貝。房総半島以南、太平洋、インド洋に広く分布し、潮間帯の岩礁にすむ。殻高35ミリ、殻幅24ミリ、背腹径17ミリに達する卵円形。背面の膨らみには小白斑(はくはん)が多数あり、前後端は灰白色、両側は黒褐色。腹面は平らで、側縁はやや鋭く縁どられる。狭い殻口に向かってしだいに淡色になる。未成殻では殻は薄く小さい螺層(らそう)があって殻口は広く、外見は成貝と著しく異なる。

[奥谷喬司]


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

野球の用語

アウトサイド・コーナー outside corner 打者から見て本塁上の遠い側。外角。和製英語ではアウトコーナーともいう。アシスト assist打者が打った球を捕球後にある塁に送球し走者の刺殺を間接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android