コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハナミョウガ(花茗荷) ハナミョウガAlpinia japonica

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハナミョウガ(花茗荷)
ハナミョウガ
Alpinia japonica

ショウガ科の多年草。関東南部以西の暖地山中樹陰に生える。地下茎は太く分枝し,鱗片葉がある。茎は二年生で斜上し,高さ 50cmぐらいで束生する。葉は長楕円形で 20~30cmに伸び,上下端ともに鋭くとがってミョウガに似ている。5~6月に,前年の葉の中から茎を1本出し,総状花序に3弁の白花をつける。果実肉質晩秋に赤く熟し,多数ある白い種子は健胃剤に用いられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ハナミョウガ【ハナミョウガ(花茗荷) Alpinia japonica (Thunb.) Miq.】

温暖地の山地林床に生えるショウガ科の多年草(イラスト)。根茎は分枝して地下をはい,それから高さ30~50cmの葉鞘(ようしよう)がまき重なった偽茎を出す。暗緑色で,葉身は裏面にビロード状に短毛をはやし,長楕円形で,長さ20~35cm,偽茎に2列に互生してつき,冬も枯れない。初夏に直立した花序を偽茎頂から出し,穂状に花をつける。白色で大きくて目立つ唇弁卵形で長さ1cmほど,紅色の条斑がある。果実は広楕円形で秋末に紅熟し,有毛である。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のハナミョウガ(花茗荷)の言及

【ミョウガガイ(茗荷介)】より

…ベニミョウガS.rubrumは3cmくらいになり,その頭状部は紅色または紫褐色をしており,相模湾以南の水深130~500mの海底に産する。ハナミョウガCalantica cosは全長2~4cmくらい,駿河湾,相模湾の70~100mの深所より,トゲヒメミョウガSmilium scorpioは体長2~5cm,鹿島灘以南の水深35~100mのところから知られている。【蒲生 重男】。…

※「ハナミョウガ(花茗荷)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android