コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハニームーン はにーむーん honeymoon

翻訳|honeymoon

1件 の用語解説(ハニームーンの意味・用語解説を検索)

知恵蔵miniの解説

ハニームーン

夏至に近い時期に現れる、特に大きく見える満月のこと。この時期の月は天空の低い位置を通るため見かけ上大きくなり、また地平線近くではより大きく見え、赤く染まりやすいことから、希少な天体現象として注目される。ハニームーン見られる頻度は数十年に一度。新婚時期や新婚旅行を表す「ハネムーン」の語源であるとの説もある。2014年6月13日、「13日の金曜日」にハニームーンとなり、これは約100年に1度しか起こらない。かつ、この時は月と地球との距離が非常に近づいていたため、通常のハニームーンより更に大きく見えた。

(2014-6-17)

出典|(株)朝日新聞出版発行
(C)Asahi Shimbun Pubications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ハニームーンの関連キーワード基細錯視視角電力貯蔵システム鳶目間近い夏至祭イグニセプタ見え掛り部分膨張色

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone