コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハニ族(哈尼族) ハニぞくHā ní zú

1件 の用語解説(ハニ族(哈尼族)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ハニぞく【ハニ族(哈尼族) Hā ní zú】

中国の少数民族の一つ。人口約125万5000(1990)。チベットビルマ語族のイ(彝)語系支派に属する。雲南省南部哀牢山と蒙楽山を中心とする山岳地帯に居住する。ハニ族は地域的偏差に富むが,方言からは3地域に大別できる。すなわち,紅河ハニ族イ族自治州に分布する〈ハニ〉系,墨江を中心とする思茅地区の〈ピヨ(碧約)〉系,〈ホニ(豪尼)〉系,シーサンパンナ(西双版納)地区の〈アイニー(僾尼)〉系である。なお東南アジアに南下した一派はアカAkha族として知られている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

ハニ族(哈尼族)の関連キーワード宦官バナー広告粒度階区分有村こはるHST急行列車造幣局北海道大学メトン周期小線源治療

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone