ハニ族(哈尼族)(読み)ハニぞく(英語表記)Hā ní zú

世界大百科事典 第2版「ハニ族(哈尼族)」の解説

ハニぞく【ハニ族(哈尼族) Hā ní zú】

中国の少数民族の一つ。人口約125万5000(1990)。チベット・ビルマ語族のイ()語系支派に属する。雲南省南部哀牢山と蒙楽山を中心とする山岳地帯に居住する。ハニ族は地域的偏差に富むが,方言からは3地域に大別できる。すなわち,紅河ハニ族イ族自治州に分布する〈ハニ〉系,墨江を中心とする思茅地区の〈ピヨ(約)〉系,〈ホニ(豪尼)〉系,シーサンパンナ(西双版納)地区の〈アイニー(僾尼)〉系である。なお東南アジアに南下した一派はアカAkha族として知られている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android