コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハネウミヒドラ ハネウミヒドラ Halocordyle disticha

2件 の用語解説(ハネウミヒドラの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハネウミヒドラ
ハネウミヒドラ
Halocordyle disticha

刺胞動物門ヒドロ虫ヒドロ虫目ハネウミヒドラ科。黒い幹がヒドロ根より直立して左右交互に褐色の枝を出し,高さ 10cmほどの羽状の群体をつくる。各枝には淡紅色または白色のヒドロ花が上向き規則正しい間隔で並ぶ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ハネウミヒドラ
はねうみひどら / 羽海水
[学]Halocordyle disticha

腔腸(こうちょう)動物門ヒドロ虫綱ヒドロイド目ハネウミヒドラ科に属する海産動物。羽状の群体を形成しており、その高さは10センチメートルほどに達する。中央の主幹は黒色で、主幹からは交互に褐色の側枝を出し、側枝上にはヒドロ花がほぼ等間隔に上方を向いて並んでいる。ヒドロ花の基部には1環列の糸状触手が、またヒドロ花上には短い10本以上の有頭触手が散在している。糸状触手環列の上部に生殖体が生ずるが、これらはクラゲ芽(が)となり遊離してクラゲとなるが、このクラゲはきわめて退化した短命のものである。クラゲ芽はときにポリプから遊離しないこともある。本州北部より琉球(りゅうきゅう)諸島の各地沿岸に普通に産する。本種の刺胞毒は比較的強く、触れると痛みを感ずる。[山田真弓]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ハネウミヒドラの関連キーワードカレヒバヒドロ虫類ベニクダウミヒドラタマウミヒドラヒドロクラゲ(水母)アシナガコップガヤウミヒノキ(海檜)オトヒメノハナガサ(乙姫の花傘)ヒドロ虫

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone