コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハバノリ(羽葉苔) ハバノリ Endarachne binghamiae J.Ag.

1件 の用語解説(ハバノリ(羽葉苔)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ハバノリ【ハバノリ(羽葉苔) Endarachne binghamiae J.Ag.】

関東以南の太平洋沿岸と日本海沿岸に広く分布する,ササの葉を思わせる形状の褐藻綱カヤモノリ科の海藻(イラスト)。冬から春にかけて潮間帯上部の岩上に群生し,体は長さ10~25cm,幅2~3cmになる。冬に採取して食用にする。保存はアサクサノリのようにすいて干しノリにし,これをあぶって食べるか,または水にもどして酢であえて食べる。似た海藻のセイヨウハバノリPetalonia fascia (O.F.Müll.) O.Kuntz.は体の幅が1.5~2.5cmとやや狭いこと,髄部にハバノリに見られる根様状の細胞糸がないことで区別され,ハバモドキPunctaria latifolia Grev.は体の幅が3~7cmと広いこと,体が4層の細胞で構成されることで区別できる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ハバノリ(羽葉苔)の関連キーワード磯節ハタハタ南太平洋裏日本表日本黒鷺筑紫鴨氷魚藜海老猟虎

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone