コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハバノリ(羽葉苔) ハバノリEndarachne binghamiae J.Ag.

世界大百科事典 第2版の解説

ハバノリ【ハバノリ(羽葉苔) Endarachne binghamiae J.Ag.】

関東以南の太平洋沿岸と日本海沿岸に広く分布する,ササの葉を思わせる形状の褐藻綱カヤモノリ科の海藻(イラスト)。冬から春にかけて潮間帯上部の岩上に群生し,体は長さ10~25cm,幅2~3cmになる。冬に採取して食用にする。保存はアサクサノリのようにすいて干しノリにし,これをあぶって食べるか,または水にもどして酢であえて食べる。似た海藻のセイヨウハバノリPetalonia fascia (O.F.Müll.) O.Kuntz.は体の幅が1.5~2.5cmとやや狭いこと,髄部にハバノリに見られる根様状の細胞糸がないことで区別され,ハバモドキPunctaria latifolia Grev.は体の幅が3~7cmと広いこと,体が4層の細胞で構成されることで区別できる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報