コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハパク=ロイト Hapag-Lloyd A. G.

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハパク=ロイト
Hapag-Lloyd A. G.

ドイツの海運会社。 1970年ドイツ二大海運会社のハンブルク=アメリカニッシェ・パケットファールト・アクティエン・ゲゼルシャフト (ハンブルク=アメリカ・ラインまたはハパク HAPAGと略称) とノルトドイッチャー・ロイトの合併によって設立。ハパクは 1847年設立。ハンブルクと南アメリカの各地に航路を広げて発展をとげ,キングジン・ラインを合併して極東航路に進出。第1次世界大戦前の 1914年には 439隻 (136万総t) の船舶を擁して世界最大の海運会社に発展していた。第1次世界大戦後アメリカのユナイテッド・アメリカン・ラインズ (ハリマン・グループ) の所有船舶を買収,26年ドイツ・オーストラリア・コスモス・ラインを合併して巨大会社に成長。一方のノルトドイッチャー・ロイトは 1857年に設立され,アメリカへの移住者の輸送を主業務にして成長,さらに南アメリカ,アフリカ,オーストラリア,アジア諸国,日本に航路を延ばし,20世紀初頭には世界的な海運会社として知られていた。2度の世界大戦により両社とも大きな打撃を受けたが,政府支援のもとに急速に再建をとげ,世界有数の海運会社として復活,1970年の大合同となった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ハパク=ロイトの関連キーワード黒人問題鉄鋼業アラバール多国籍企業野村芳太郎フー[各個指定]芸能部門アモン・デュールアルトマン(Robert Altman)イエメン共和国

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android