コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハパーク・ロイド[会社] Hapag‐Lloyd AG

1件 の用語解説(ハパーク・ロイド[会社]の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ハパーク・ロイド[会社]【Hapag‐Lloyd AG】

ドイツ最大の定期船会社。同国の二大定期船会社ハンブルクアメリカ郵便船会社(略称ハパーク)と北ドイツロイド汽船会社が1970年に合併して創設された。合併前のハパーク(1847年創立)と北ドイツ・ロイド(1857年創立)はともに歴史が古く,ヨーロッパからアメリカへの移民輸送で栄え,第1次世界大戦までは世界の定期航路イギリス船社と覇権を争っていた。その後2度の大戦で壊滅にしたが,古くからの伝統を基盤に進取的な経営戦略と効果的な政府の海運政策を得て復興発展し,ドイツ海運を代表する二大定期船会社としてその名を知られた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のハパーク・ロイド[会社]の言及

【海運業】より

… とくに大西洋海底電線(1858),スエズ運河(1869)の開通にたすけられ,イギリスのP&Oやブルー・ファンネル・ラインのみでなく,フランスのメサジュリー・マリティーム会社(現,ジェネラル・マリティーム会社)やドイツの北ドイツ・ロイド汽船会社(NDL。現,ハパーク・ロイド会社)なども極東やオーストラリアに航路を延長し,大西洋航路でもアメリカのコリンズ・ラインやドイツのハンブルク・アメリカ汽船会社(HAPAG。現,ハパーク・ロイド会社)がキュナードその他のイギリス船主と激しい競争に入った。…

※「ハパーク・ロイド[会社]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ハパーク・ロイド[会社]の関連キーワード過書船貨物船樽廻船定期船DGBトランパー日本郵船不定期船混載郵船

今日のキーワード

ポケモンGO

2016年7月6日に米国・オーストラリア・ニュージーランドで配信開始となったスマートフォン用AR(仮想現実)モバイルゲーム。開発・発売元はNiantic,Inc.(ナイアンティック)で、株式会社ポケモ...

続きを読む

コトバンク for iPhone