コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハビマ Habima

世界大百科事典 第2版の解説

ハビマ【Habima】

ヘブライ語で舞台を意味するユダヤ人の劇団。1913年ウィーンでのシオニスト会議の席上,ツェマッハNahum Zemach(1887‐1939)が,各国に分散するユダヤ人の心をパレスティナに結ぶ劇を創造することを思い立ち,4年後,ロシア革命の渦中のモスクワでわずか10名の芝居好きとともにこれを実行に移そうとした。スタニスラフスキーに援助を求めると,ワフタンゴフに指導をゆだね,後者の奔走で〈芸術座〉付属第4研究劇場が結成された。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

ハビマの関連キーワードマックス ブロートテル・アビブユダヤ演劇ハビマ劇団イェスナー

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android