コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハビャリマナ ハビャリマナHabyarimana, Juvénal

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハビャリマナ
Habyarimana, Juvénal

[生]1937.3.8. ギセニイ,ランブラ
[没]1994.4.6. キガリ
ルワンダの軍人,政治家。ベルギー領コンゴのセント・ポール大学,ロバニューム大学およびルワンダの士官養成学校を卒業。国防軍に入り,小隊長,司令官付き参謀を経て 1963~65年参謀総長,65年 11月より国防・警察担当相。 73年4月少将に昇進。同年7月クーデターを起して G.カイバンダ政権を倒し,大統領兼国民平和統一委員会議長に就任。 75年7月,一党支配体制を固め国家発展革命運動 MRNDを組織した。 78年 12月任期5年の大統領に就任,国防相を兼務。以後再選を繰り返したが,94年4月6日,首都キガリで乗っていた飛行機が撃墜され,同乗のブルンジの C.ヌタリャミラ大統領とともに死亡した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ハビャリマナの関連キーワード近・現代アフリカ史(年表)ルワンダ内戦とフランスルワンダ愛国戦線ルワンダ大虐殺ルワンダ虐殺ルワンダ内戦カガメ

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android